新潟市の不動産・売買物件・賃貸物件

新潟市での不動産を売りたい、買いたい、活用したいとお考えの方はアタゴ産業へお任せください。 新潟市西区を中心に土地建物などの購入や賃貸物件、不動産売却や不動産売却査定をお考えの方を積極的にサポートします。
地域密着の会社を目指し、顧客消費者の求めるサービスに応え、地域社会に貢献を目標として業務に励み、 安心安全な不動産取引をお約束します。



土地建物

土地を探す!

一戸建てを探す!


不動産

不動産取引は日本経済の成長とともに激増していきました。高度成長は70年代のオイルショックを境に停滞しましたが、バブル崩壊後を経ても不動産取引は衰えておらず、今後も確実な増加を経て行くと思われます。国民の宅地、住宅の重要は依然として高く、経済減速の段階とはいえ今後も産業用地の需要は確実に増加していくと思われ、加えて余暇の増加によるレジャー産業の発展とセカンドハウス的2地域住居の変化をもたらして行くと思われます。
長引く不況と土地神話の崩壊により土地付きの一戸建てやマンションを購入すべきではないという発想をする人が増えてきているように感じられます。誰しもが地主になりたいという指向は遠い昔からあったわけではなく、戦後の高度成長期以降のことでした。昭和初期には土地保有税が現在の30倍にもなる額だったために、庶民は誰しも土地を所有しょうなどとは考えませんでした。しかも農地にかかる保有税が高額だったために大地主は農作物を作るよりも、宅地にして貸した方が得策だとして住宅を建てて借家を造っていき、電鉄会社などは郊外へと路線が延びるにしたがって借家を造っていきました。それが戦後になり高度経済成長が出現し、インフレで地価が高騰し、土地は持っていれば必ず値上げして儲かるという神話化されていきました。日本人は本来農耕民族であるがために、土地に対する執着心が強く、伝統的に持家指向があるとされていました。経済的に考えるとデフレ傾向が強く、大都市の発展があまり望めなくなった今日では土地の値上げは期待できず、大都市近郊の遊休農地の課税強化にも見られるように、土地の高度利用が来る時代になるという認識が必要になってきます。

不動産

| TOP | 会社概要 | 売買物件 | 賃貸物件 | 個人情報保護方針 |免責事項 |